外付けhddの復旧を依頼~スピード解決ライン~

オフィス

業者が遠方でも依頼可能

ネットワーク

仕事で使用しているパソコンのhddが突然認識しない状況に陥った場合、強制終了をかける人は少なくありません。しかし、その場合余計にデータが失われる可能性もあるためすぐさま復旧業者に依頼をしましょう。

読んでみよう

診断をして確認する

案内

hddはデータを記憶させるためにも重要な役割を担っており、日頃から診断して正常か確認すると良いです。また、その場合ソフトを使用して確認することも出来ますが、業者に依頼をすることも可能です。

読んでみよう

専門業者に任せる

PC

hddの出す危険信号

もしhddのデータが消えてしまってはどうなってしまうか、想像するだけで恐ろしいものです。 顧客のデータや売上げデータなど入っているhddですが、壊れてしまう前にはいくつかの危険信号を発します。 例えば、パソコンの処理が普段より異様に遅くなる。例えば、内部からカリカリという金属音が聞こえ始める。使用している最中によく固まる事が起きる。突然再起動を繰り返し始める。起動中にブルースクリーンエラーを起こし、真っ青な画面に白い文字が流れ始める。 こういったことが頻繁に起きるようになったら、hddの危険信号です。そろそろそのhddは寿命が近づいているかもしれません。また、外付けhddが故障の原因になってしまうこともあるので、まずは外付けhddの確認を行なってみると良いでしょう。万一データが失われている場合は自分で解決しようとせず、専門業者に依頼をすることが大切です。

間に合わずデータが消えてしまったそんな時

しかし、バックアップも間に合わず、データが消えてしまうということもあるでしょう。そんな時に役立つのが、データ復旧です。 hddが壊れてしまった後でも、すべての部分が壊れてしまっているとは限りません。まだ、データ復旧を行えば、いくつかのデータが戻ってくる可能性もあります。 データ復旧にはいくつかの手段があります。パソコン自体のhddを取り出して他のパソコンにつなげる方法や、専門の業者に頼む方法、専用のソフトを使用する方法があります。難易度は、難しいほうから順に、自力で他のパソコンとつなげる、専用のソフトを使用する、業者に頼む、となるでしょう。 業者に頼むと確実ですが、他人に絶対に見られたくないデータがある場合、少々躊躇するかもしれません。専用のソフトを使用すると、hdd内から復旧できるデータを探しだしてデータ復旧してくれますが、業者に頼むよりは確実性がありません。自力でやる場合は、それ相応の知識が必要となるでしょう。 hddが壊れてしまう前にバックアップ、そして買い替えが最も安全です。それでも壊れてしまった時も、復旧方法は全くないわけではありません。

評判を聞いて依頼を

システム

データ復旧ソフトでも、復元できるものは限られてきます。大規模なデータ復旧が必要な場合は、専門業者に依頼しましょう。探すには、評判サイトの業者情報を見て、適切なところを見つけていくのが最適です。

読んでみよう

Copyright© 2016 外付けhddの復旧を依頼~スピード解決ライン~ All Rights Reserved.